忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178
8.6

 朝日新聞が戦争や核、日の丸や君が代関連のニュースを報道したがるのは、新聞社がやや左によってるからなのかなぁと、小林よしのりの『戦争論』を何年か前に読んだ身としてはぼんやりと、やや不快に感じるのだけど。
 だけど、アメリカ人のなかには広島・長崎の原爆投下肯定派がけっこういる、という記事を読んでびっくりした。何万もの兵の死を防いだ、トルーマン大統領の英断だった、と。
 じゃあ、広島・長崎の兵士でもない一般人何万人の死はどうでもよかったと?


 ……でも、日本人のほとんどはパールハーバーをよく知らない。
 私もだ。
 それは、さすがにフェアじゃないよなぁ。




 朝日新聞の記事が見当たらなかったので。
   ほぼ日刊イトイ新聞 「僕は見ておこう」 松本耕二のライフ・ライブラリー

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
>アメリカ人のなかには広島・長崎の原爆投下肯定派がけっこういる

これはその通りですよー。
渡米したばかりの頃、政治の授業で、大学教授が(!)「アメリカが原爆を落とさなければ日本は暴走してもっと甚大な被害になっていた」と普通に肯定していたので、びっくりしたもんです。エエ、知識人がそんなこと言ってんの大学の講義で!?
しかしパールハーバーしかり、日本人は中国人にも酷いことしとるし、被害の大小の問題でもないし……正義の観念に頭を抱えたくなりますね。

そんな私は、そろそろ終戦記念日ということをすっかり忘れていました。日本の外にいても平和ボケです(--;
Keish 2009/08/07(Fri)13:21:17 編集
無題
お返事遅くなりました…!!

ひゃー、アメリカではやっぱそうなんですねー! びっくりだしショック……。原爆落とさなくたって日本の負けは目に見えていただろうに……。
いわゆる「刷り込み」なのかもしれませんね。学校では国語の授業で毎年必ずひとつは戦争・原爆を題材にした作品を読むし、この時期はテレビでも新聞でも戦争のこと一色で、いかに戦争が悲惨な出来事なのかを訴え続ける(日本にいるとイヤでも終戦記念日を思い出します笑)。自然、戦争=悪っていう認識ができあがってくるんだろうなって。
そして、人はどうしても「やられたこと」ばかりを覚えていて「やってしまったこと」を忘れたがる習性があるから、アメリカが原爆に対して肯定的なのもそのせいなのかなぁ、じゃあきっと日本人も自分たちがしたことをすっかり忘れてることもいっぱいあるんだろうなぁ、なんて思います。
いろいろ知れば知るほど、何をどう考えていいのかわかんなくなっちゃう(苦笑)
とえ 2009/08/18(Tue)11:24:33 編集
最新記事
プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]