忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
何年も前に喧嘩別れした人の近況をふとしたところで知って、ちくちくした気持ちになってる。
知りたいと思って探して、見つかったらちくちく、を、もう何年も繰り返してる。
相変わらず走っている様子の彼女は、今の私を見たら何と言うだろう。ぬるま湯に浸かってると蔑むだろうか。

ここ何年も、写真らしい写真を撮ってない。

ぬるま湯は居心地が良くて包み込んでくれるから、寂しさを忘れがちになる。
でもふとした時、たとえばひとりの夕暮れ時なんかに、そっと思い出したりする。
ずっと心の中にあった感覚。
忘れてしまっていたから撮れなかったのかもしれない。
寂しさは作品作りの原動力なんだろうか。

ちくちくを抱えた夕暮れ時に、ふと考えたりする。

拍手

PR











専門学校を卒業して実家に出戻った去年の春から、
家を出て二人暮らしを始めた今年の初春。
ふしぎな時間の流れ。

拍手










久しぶりにフルマニュアルのカメラを触ったら、
見事にピンぼけ量産。
ちょっとリハビリが必要みたい。。。

拍手

新年、あけましておめでとうございます
 本年が皆様にとって、実り多い一年となりますように


 さて、新年一発目の投稿は久しぶりに植物関係です。
 誰得なのか不明です。というかこのブログ自体が誰得なんだっていう。。笑


 元日にジョイフル本田でいろいろ買い込んできました。
 一番の目的は、昨年から母が育て始めた巨峰のためのオベリスク。
 母はO型だからか、植物を育てるのがすきなのはいいんだけどどうも我流に走りがちで、巨峰もどんどん枝が伸びるのに朝顔用の細い支柱で何とかなると思っていたようで。いやいやさすがにそれじゃ重みに耐えられないでしょう、後々のことも考えたらもっとがっしりした支柱を立てたほうがいいでしょう、ということで私が指揮を執ることに。
 マンションのベランダで育てるので、もちろん鉢植えで、あまり高くできないし枝も広げられない。だけどある程度の強度は必要。ということで、高さ120センチのオベリスクを購入。
 葉が落ちて休眠中の巨峰の枝をやや強引に巻き付けて、何とか作業完了。


 そして自分用に。

 ジューンベリー、買ってしまった…!

 祖母の家乗っ取り計画、密かに進行中です。
 なんちゃって。

 株元から3本の枝が出ているものを購入。
 できれば一本立ちにしたいんだけど、どの枝が一番よく育ってくれるのかわからないので、とりあえず一本だけ株分けしてあとの二本はそのまま様子を見ることに。
 ……と思ったら、株分けするつもりが枝をそのまま切ってしまったー!
 根っこもつけた状態で切るつもりだったのに、気づいたらまったく根っこが付いてきていなかったという致命的ミス。しかも一番太い枝。とほほ。
 でもとりあえず、そのまま土に差してきました。あわよくばそのまま発根して成長してくれないかなという淡い期待を抱いて。
 残りの二本は、下の方に付いていた細い枝を少し取り除いて、樹形がきれいになるように支柱を立てて誘引して。
 東京の住処には持って来れないので、実家で育ててもらうことに。
 次に帰るときには発芽してるかなー。





 そしてそして。

 イワゴケ。
 苔、です。
 新年早々、苔を買うアラサーです。

 だってきれいで安かったんだもん。

 こちらは東京の住処で育てるため、購入したときの、8×16センチ大くらいの透明パックに入ったままで持ち帰ってきました。
 そして本日植え付け。



うーん、きれい!
四角い鉢の方には、拾ってきたドングリを蒔いてみました。



 何のドングリかは不明。コナラかな。
 
 寒いし乾燥してるし、育て主もズボラだし(!)、うまく育ってくれるか不安だけど、初夏くらいまでにはもっと分厚くきめ細かい苔になって、ドングリの芽も出て、きれいな盆栽になってくれるといいなぁ。

拍手



 小さい頃、というか今よりちょっと若い頃まで、世界中のきれいな景色はきっと全部見に行けるんだろうなと思っていた気がする。
 ヨーロッパの古城、歴史ある遺跡、ピーターラビットの生地、かわいい雑貨が並ぶ北欧、中東のエキゾチックな文化、モロッコの迷路のような町、東南アジア独特の作りのアンコールワットやタージマハル、マチュピチュ、ウユニ塩湖、その他いろいろ。
 メジャーな観光地から秘境まで。
 ところがどっこい、なかなかそうはいかない。

 何でも見てみたい、と思う。
 きれいなものも、目を背けたくなるものも。
 でも、たくさんのものを見ると感じることより考えることの方が多くなってきてしまう。
 そしてだんだん、感じることも考えることもしなくなってきてしまう。
 怠け癖が顔を出す。
 見ることだけが目的なってしまう。
 本当に大切なのはその向こうにあるのに。

 ちょっと手が届かないくらいがちょうどいいのかもしれない。
 憧れているくらいが。
 いつか見られるんだろうと、やっぱりどこかで信じながら。

拍手

プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]