忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 根っこの部分に「わかろう」という構えのない人に対して、ものを言うむなしさよ…。
 伝えようとする努力は、結局ムダに終わってしまうのか。
 言葉は無力なんだろうか。
 届かないのだろうか。



 どうも軽く五月病のようです。
 3月4月にいろいろ動きすぎたからなぁ。反動が来たのかな。
 まあ、一過性のものだろうし、来月には旅行にも出るし、放っておいてもそのうち復活するでしょう。

拍手

PR
たまたま本屋で目に入った「モモ」を読んでる。
時間泥棒たちの主張とか、時間を奪われた人たちの考え方が、最近の自分の考えと似ていて、軽くショック。
時間や地位やお金や目に見えるもの、数字で測れるものだけが大事なわけじゃないのにね。

考え方が固くなってるんだなぁ。反省。。。





拍手

 

 散った花びらは何を想う
 誰にかえりみられることもなしに



Nikon U2
NIKKOR 28-80mm
ProFotoXL 100

拍手

 

 例えば、心療内科に通っている人間がいるとする。
 ある人が彼のことを、単に社会から逃げているだけだ、仮病をつかってるのだ、と言う。
 果たしてそうなんだろうか。
 彼は彼にしかわからない過去と現状と環境と未来に囲まれて生きていて、周りの人間は誰も彼と同じ境遇にいるわけではない。彼の問題を、彼の生まれつきの気質を伴った視点で見ることなど、誰もできない。
 それでも周囲の人間が、あるいはほとんど無関係の人間が、彼の苦痛を切り捨てていいのだろうか。
 そんな権利があるのだろうか。

 ツイッターなんかで「疲れた」「寝ていない」「仕事が終わらない」「忙しい」とアピールする人は、見下される風潮がある。仕事が終わらないのも、そのために眠れないのも、体調を崩すのも、すべて自己管理がなっていないからでしょう、と。
 じゃあ、そうやって批判している人間は、そういうことをまったくつぶやかないのか。誰かに漏らすこともないのか。自分と親しい人が同じようなことを言っていたら、同じように見下すのか。
 本当に自己管理がなっていないからなのかどうか、何を見たら判断できるのだろう。何をもって判断しているんだろう。
 その判断は常に公平なのだろうか。


 何か一つの言葉でくくられた集団があるとして、それでも個々が辿ってきた道のりは当然すべて違うのだから、その集団に属するものがすべて同一だとは言えない。なのに、くくっている「言葉」だけで判断するのは違うだろう。
 見えているのは限られたごく一部の情報でしかないのに、さもすべてを知っているかのように何かを断言するのは、時として傲慢な態度となる。当人にはそれがわからない。それを良しと判断しているから。


 ただ「眺める」だけでいいじゃないか。
 事実は事実として認めながら、その裏に容易に窺い知ることのできない物語が隠れていることを意識に留めておく。
 先入観にとらわれずに、ぼんやりと全体を見渡すように眺めているだけで。
 判断は、切り分けは、本当に必要なときだけすればいい。
 切り分ければ、必ず何かが漏れる。
 漏れた何かに責任を持てるほどの覚悟と力がない限り、切り分けはすべきじゃない。


 そんなことをどこかで常に思っているから、
 私はたいてい、傍観者。

拍手

カメラやレンズや機材は「武器」なのだと言われたことがある。

私にはもう一つ、言葉という武器がある。
カメラよりもずっと前から慣れ親しんできた、言葉が。

 
武器を秘めよう。
猫が、その鋭い爪を小さな手の中に隠し持つように。

武器を研ごう。
その瞬間に、狙いを違わずに一突きできるように。

武器をかざそう。
大切なものを掌中に収めるために。


明日も生きるために。



拍手

プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]