忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
 Coccoのドキュメンタリー映画が12月に公開だそうです。
 監督は、なんと『誰も知らない』などで有名な是枝裕和監督。
 なでさん、見に行こう~!(完全なる私信)
 詳細はこちら


 閑話休題。

 一度読んだきり、ずーっと行方不明になっていた恩田陸の『黒と茶の幻想』を、本日発見!
 読み返そうと思って自分の本棚をいくら探しても見当たらず、姉が持っていったのかと思って聞いてみても知らないっていうし、母に貸したっけな?と思って尋ねても知らない、そんな印象的な題名の本なら借りたら覚えてる、といわれて、おっかしいなぁと首をかしげること早数ヶ月、やっと……!
 なんと、父の部屋の本棚にありました。盲点!
 その本棚は、父の部屋にはあるものの、中に父所有の物はほとんどなくて、私や母の部屋の本棚から溢れてしまった本など(つまりめったに手に取らない本)をしまっておいているものでね。なんでそんなところにあったのか、自分で入れたのか(たぶんそうなんだけど)、全然思い出せません。
 よかった~。もしや間違えて売ってしまったのかとさえ思ったよ。
 この小説、舞台が鹿児島からフェリーで行くY島、つまり屋久島でね、本当は5月の屋久島一人旅に持っていって、時間が空いたら読もうと思っていたんだ。
 「大学の同窓生である三十代後半の男女四人が、屋久島の森を、数日にわたっておしゃべりしながらハイキングする――ただ、それだけの物語。」(解説・川端裕人)、なのだけど、それが森の静謐な雰囲気とあいまって不思議な印象を与えてくれるんです。おしゃべりの中身も濃いわ濃いわで。
 で今日、途中まで読み返していたんだけど、すごいすごい、実際に自分が見てきた景色と見事に重なる風景の数々! 海上に突然現れる島影、重装備をした旅行者、港に背を向けると目の前にそびえる山々、頂上は雲に隠れて見えないM岳(宮之浦岳)、緑色をした川の流れ、えとせとらえとせとら。
 私が実際に見た屋久島のインパクトか、はたまた恩田陸の描写力の賜物なのか、読んでて本当に、フラッシュバックのように屋久島の景色が思い出されて感動です。そういえば私もこんなにすごいところに行ったんだった!って。
 ああすごい、小説なのに自分が旅しているみたいだ。
 これを本当に屋久島滞在中に読めていたらもっと感動したんだろうな。夢と現の区別が付かなくなるように、現実と虚構がダブって、ちょっと怖いような不思議な感覚が味わえたんだろうな。
 いつかまた屋久島に行くことができたら、今度こそこれを持っていこうっと。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
行く行くー!
すごいね、映画なんて!ぜひ行きましょう!
なでしこ 2008/09/06(Sat)09:37:21 編集
無題
わーい!ぜひぜひ!!!
とえ 2008/09/08(Mon)11:11:49 編集
最新記事
プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]