忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
 昨日、ちょっと暇ができたので、例の映画「どろろ」を観てきました。
 やった! 観たかったんだよね!

 体の48箇所を魔物に奪われた姿で生まれた百鬼丸(妻夫木聡)。自分の奪われた体を取り戻すために、百鬼丸は魔物退治の旅をする。その旅の途中でであったのがどろろ(柴咲コウ)。どろろは、百鬼丸の左腕に仕込まれた魔物を切り殺す力のある刀に目をつけ、彼に付きまとう。
 しょっぱなからとてつもなく痛いシーンが続きます。全編通して痛いシーン満載です。舞台が戦乱の世ってこともあるんだけど、ちょっとリアルに描写しすぎ…?って感も否めないかも。とにかく、人も魔物もばったばったと切り殺されていきます。
 けどね、ちゃんと笑わせてくれる場面も、泣かせてくれる場面もあって、壮絶なストーリーだけどただ痛い、苦しい、つらい、じゃなくて、あっけらかんとした明るさとか、這いずり回ってでも生きようとする人の強さだとかがうまく出てると思った。
 また表情の乏しい百鬼丸と、熱しやすくおちゃらけたどろろの対比も鮮やかでね。そんでもって柴咲コウの表情が本当に豊かで、泣いたり笑ったり怒ったり、見てて飽きないの。
 ストーリーのテンポもなかなかよくて、見せるところは見せるし、流すところは流すって、メリハリが利いてた。

 ところどころ、アクションシーンとか「うーん」って思うところもあったりはしたけど、全体的に完成度の高い映画だったように思います。ロケーションもいいし、俳優人もいいし。
 特に、個人的にはラストが好きだった。ハッピーエンドでは絶対にないけど、でも救いようのないバッドエンドでもない。複雑な気分で、傷は癒えないし、新たな傷も生まれる。でも、それでも生きていこうかっていう人間の底力を感じさせるようなラストで。
 あんなに緻密なストーリーを作っておきながら、あんな俳優陣を揃えてニュージーランドロケもしてCGもあんなに使っておきながら最後がお粗末だったら、もうそうとうがっかり、幻滅だったけど、あのラストなら大満足!です。
 うん、けっこうおすすめかも。



 映画を見たあとは、バイト先関連の大人数での飲み会でした。
 ちょっと呑みすぎたのか、帰りがけにほんの少しだけど頭が痛くなり始め、お風呂に入ってすぐ寝たものの眠りも浅く……。二日酔いまでは行かないけどね。お酒に強くなりたいなぁ。
 で、これからバイトです。そろそろ仕度しなけりゃー。

拍手

PR
最新記事
プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]