忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213
 去年の沖縄旅行のとき、ウォークマンでずっと、Coccoの「ニライカナイ」とカップリングの「やぎの散歩」を聴いていた。そのあと出たアルバム「エメラルド」にニライカナイは入っていたけどやぎの散歩のほうは当然ながら入っていなくて、それもあって「やぎの散歩」を聴くと自然とあの旅行のことが鮮やかによみがえってくる。
 茂る緑、蒸し暑い風、湿った空気、うんざりするくらい強い日差し、気だるい夏の気配。絶望と希望。

 「やぎの散歩」は、沖縄に住む14歳の少年が自主制作した短編映画と共にCoccoにファンレターを送って、それを見て心を動かされたCoccoが生んだ歌だ。そして、その映画を下地にして「やぎの冒険」という長編映画ができ、そのテーマソングになった。
 そんな流れは知っていたし、沖縄で上映されたことも知っていたけど、まあこっちにはこないんだろうなぁ、来ても単館上映になるんだろうなぁ、って、きっと見ることはないんだろうなぁ、って思ってた。
 Coccoと14歳の仲村颯悟監督の対談もネットで読んだ。去年一年で観た映画の中で一番考えさせられる、中身のある映画だというCoccoの言葉と、長編映画のほうは観ていないのにすごく雰囲気に合った歌をもらえて驚いたという仲村監督のコメントで、ぼんやりと、観てみたいなぁと思うだけだった。


 で!
 なんとその映画が東京に来てるらしいよ!
 やっぱり単館上映だけど、池袋だって! その気になれば観にいけるじゃん!
 どうしよう、今度の日曜に行ってしまおうかしら!
 だって、14歳が撮った映画ってどんななんだろう。何を思って作ったんだろう。すごく気になる。
 オフィシャルサイトを見る限り、本格的な映画のようだし。つまり、少年の思いに賛同した大人がたくさんいるわけだ。これはなかなかどうしてすごいことじゃないか。
 うん、観に行きたい。


映画「やぎの冒険」オフィシャルサイト
http://yaginobouken.jp/index.html

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
最新記事
プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]