忍者ブログ
伝えたいこと。湧き上がってくるもの。
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
 関羽が~、関羽が死んじゃったよ~!(by三国志)

 いやもうこれは衝撃的だよ。なみだなみだだよ。
 しかも死に方が哀れだ……。かわいそうすぎる。
 もうちょっとかっこいい最期にさせてやれなかったのか。
 曹操も病死? いやそんなの興味ねーよ。

 と、悲しみにくれていた休日の夕方です。どうも、コウヅキです。


 いや、三国志を読んでるといろいろ思うことがあるよ、うん。
 こんな大規模な争いを中国がしていた頃、日本は一体何をしてたんだっけ? とか。
 小さい島国だからかなぁ、あんまり戦乱と縁がないのは。土地も豊かだから他国を侵略しようとする動機が小さいのかもね。
 でも、昔も今も人の心はそう変わらないんだなぁ、とか。
 もちろん読んでいるのは演義、つまり小説だから、歪曲も誇張もいっぱいあるんだろうけど、それにしても、長いものに巻かれて安心したがったり、煽てられて驕ってついには人を人とも思わなくなったり、他人の腹のうちに疑心暗鬼になって結局自滅していったり、逆に仁徳を持った人にはおのずと人が集まってきたり。
 とはいえ、けっこう残酷だよなあ、とか。
 争いのときに、いったん負けたフリをして敵を油断させておいてから本襲撃をする、って手がよく出てくるけど、それってつまり、全体の勝利のためにある程度の犠牲はしょうがないって最初から開き直ってるってことでしょ? 映画でも、味方が死傷していくのを冷静に見つめて孔明が期を窺ってるシーンがあるけど、その「ある程度の犠牲」になった兵士やその家族はたまんないよなぁ。

 そして、策略も時には必要なのかなぁ、と思いはじめてきた。
 仁徳を持って中国を平定しようと大志を掲げた劉備も、それに使えて補佐した孔明も、よく演技をする。
 相手を騙すために。自軍を有利に持っていくために。
 なんか、嘘とか演技とか駆け引きとかって本当は嫌いなんだけど、本当に成し遂げたいことがあって、それが私利私欲のためだけじゃなく他人の利益にもなることで、安っぽい言葉だけど正義感の元にするのだとしたら……。
 多少の言葉の装飾も、内心を隠していいたいことを飲み込むのも、態度を作るのも、もしかしたらアリなのかなぁ。
 もちろん、日ごろからそんなことしていたら信用を失ってつまんない人間に成り下がっちゃうけど、本当に重要で普通のやり方じゃ乗り越えられない事態に遭遇したら。
 それでも自分に嘘をつかずに信念を守り通して自分の不利益を受け入れるか。
 それとも一時いろんなものを飲み込んで(もちろん流されるのではなく)、自他の利益を図るか。
 後者も、もしかしたらそれほど罪悪じゃないような気がしてきた。


 三国志も最終巻。
 読んでたら「十二国記」がまた読みたくなっちゃったよ(笑)。
 でもなあ、よしもとばななの「イルカ」を買っちゃったんだよなぁ。
 というかその前に、金沢旅行の期待を高めるべく泉鏡花の小説も買ってあるんだけどまったく手をつけてないんだよなぁ。
 そんなのんきな休日。
 (いや、真面目なこともつらつら考えてはいるんだけどね)

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
最新記事
プロフィール
HN:
KANA
性別:
非公開
自己紹介:
日本写真芸術専門学校在籍。
主な使用カメラ:NIKON U2 , NIKON D7000 , HASSELBLAD 503cx
植物と光と陰を撮るのが好きです。
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]